【亜麻仁油・シソ油・エゴマ油】善玉コレステロールを増やしてくれる

血液検査

動物性の脂分、植物性の油分とも、
人間の体を構成するのに必要な栄養素です。

昔、まだ健康に無知な頃、
コレステロールは減らせば減らすほどいいと思って、
一時期、肉や魚をほとんど食べなかった時がありました。

結果どうなったかというと・・・

肌はガサガサ、すぐ疲れる、集中力が持続せずぼーっとする、
便が固くなり、便秘気味に。

誰がどう見ても、不健康の塊のようになってしまいました。
それ以来、油は適度に摂るようにしています。

三大栄養成分の一つである脂肪は、身体に必要不可欠なものです。
なぜなら細胞が生命活動をするのに、約20種類の特別な脂肪酸の働きがあるからです。

そのうち、オメガ3とオメガ6と呼ばれる必須脂肪酸は、
体内で製造できないため、食べ物から摂らなければならなりません。

油の中でも、亜麻仁油・シソ油・エゴマ油に含まれる『オメガ3不飽和脂肪酸』は、
善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らしてくれる効果がありますから、
積極的に摂るべきです。

海外の研究では、
動脈硬化や心臓病、皮膚疾患(アレルギー)などが改善されると言われています。

ただし、油であることに変わりはないので、カロリーは高いです。
摂り過ぎ注意です。
その分、他の油分・脂分を減らしましょう。

肉の脂身を落としたり、揚げ物を減らしたりして、
代わりに、オメガ3不飽和脂肪酸を含む油に変えるのがいいですよ。

オメガ3の一日の摂取目標量は、
男性:2.6g以上
女性:2.2g以上です。

亜麻仁油・シソ油・エゴマ油の効能

オイルも使い分ける時代

亜麻仁油・シソ油・エゴマ油には、オメガ3不飽和脂肪酸の他にも、
ビタミンA(ベータカロチン)、混合カロテノイド、ビタミンEがたっぷり含まれます。

代表的なオメガ3不飽和脂肪酸であるα-リノレン酸には、
血液をサラサラにして、血栓ができにくくする作用があります。
最近では、脳血管性認知症を予防するという研究も出ています。

ちなみに、オメガ6に分類されるリノール酸は、
摂りすぎると生活習慣病を引き起こすものですから控えるようにしましょう。

リノール酸は、家庭でよく使われる
サラダ油、コーン油、ひまわり油、べに花油などに多く含まれています。

油物を減らそうと言われるのは、
こういう油で料理した食事を食べすぎることで、リノール酸を過剰摂取し、
悪玉コレステロールが増えるからです。

我が家でも、お中元やお歳暮でよくこれらの油をもらいますが、
正直あまり嬉しくありません・・・。
オリーブオイルなら、まだいいんですけどねぇ。

亜麻仁油の特徴

亜麻仁油はフラックスオイルとも呼ばれます。
亜麻という植物の種子から搾って作ります。
日本で販売されているのは、ほとんどが海外からの輸入品なので値段は高めです。

我が家でも使ってみたいのですが、
高いので、そうそう気軽には買えません(泣)。

亜麻仁油は、49度以上になると成分が変質しますから、
加熱調理に使わないように。

サラダにかけたり、ドレッシングの材料にしたりするのが一般的な使い方でしょうね。
他には、グリーンスムージーを作るときに混ぜたり、
トマトジュースやみそ汁、野菜スープに加えるのもおすすめです。

意外なのが、納豆
小さじ一杯を混ぜると、食べやすくなります。
納豆が苦手な方はお試しあれ。

また、油ですから、
当然、空気に触れると酸化して変質します。
封を切ったら6週間を目安に使い切りましょう。
これは他の油でも一緒です。

シソ油の特徴

葉っぱで、おなじみの紫蘇ですが、
そのシソの実を圧搾してとった油がシソ油です。
原料がシソのため、ほのかにしその香りがあります。

和食を愛する人に向いていると思いますよ。

やはり、加熱調埋は禁物です。
高温や光の当たる場所を避けて保管し、早めに使い切ります。

  • 花粉症・アトピーなどアレルギーのある人
  • 血圧が高めの人
  • 動脈硬化を予防したい人

におすすめです。

エゴマ油の特徴

エゴマの実を絞って作られる油です。
エゴマもシソ科なので、ルーツは一緒なんですね。

味にクセがないので、どんな料理に使っても邪魔になりません。
また、これら3種類の油の中では比較的安いので、買いやすいです(嬉)。

ご多分にもれず、加熱料理は厳禁です。
早く使いきる必要があるのも同様です。

いい商品を選ぶポイント

我が家の油は、
加熱用にはピュアオリーブオイル、
生食用には、エクストラバージンオリーブオイルとエゴマ油、
香り付け用に、ごま油を使用しています。

いい油はお値段もいいですが、その分健康にもいいです。
お店に行くといろいろな油があって、迷うかもしれないので、
良質の油の選び方をご紹介します。

  1. 有機農法(オーガニック栽培)
  2. コールドプレス(低温圧搾)製法
  3. 無添加、無精製、無ろ過

この3つを満たす商品を選べば間違いありません。
高級品になりますが、血がサラサラになって病気の予防になるのですから、安いものです。

安い油は血をドロドロにしてしまいます。
ファストフードや低価格を売りにしている食べ物には、
この安い油を使っています。

安いものには、それなりのわけがあるんです。
現代人に肥満や生活習慣病が増えたことと、
今まで述べてきたことが無関係だと思いますか?

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る