動脈硬化を改善させ血管を若返らせる物質【NO】~みんなの家庭の医学

血管

1/15の“たけしのみんなの家庭の医学”で、
動脈硬化を改善し、血管を若返らせる物質について放送しました。

ノーベル賞も受賞した発見です。

【NO】に血管を軟らかくする作用がある!

その物質とは、【NO】です。

これは、『一酸化窒素』という化学物質なんですが、
実はとても毒性が強いものです。

車の排気ガスなどに含まれていて、大気汚染の原因にもなります。

ところが、身体の中で作られたNOは、先ほども述べたように、
血管を軟らかくする効果があります。

その結果、血管年齢が若返ったり、
進行していた動脈硬化が改善していきます。

アルコール

毒にも薬にもなります

同じ物質であっても、外から入ってきた場合と、
中で発生した場合で毒にも薬にもなるとは驚きです。

家の中にいるときは、私に毒を吐き、
外にいるときは、皆に愛嬌をふりまく妻と正反対です。

血管の中で生成されたNOは、血管の筋肉をリラックスさせてしなやかにします。

この働きは、1988年にノーベル医学・生理学賞を受賞した
ルイス・イグナロ博士の研究によって明らかにされました。

どうしたらNOを大量に作れるのか?

さて、ではどうしたらNOをたくさん作ることができるのでしょうか?

答えは、血流を良くすることです。

NOは、血の流れが速くなって、
血管に刺激が与えられることで発生します。

つまり、運動や入浴が有効になります

普段からよく運動をしている人は、
NOの分泌が盛んなので、動脈硬化の予防をしていることになりますね。

ただ、自分のようにほとんど運動をしない人間にとっては、
耳の痛い話です。

でも、悲観することはありません。
本格的な運動をしなくても、家事などで日常的に動き回っていれば、
スポーツをしたのと同じような効果があります。

それなら、
毎日、馬車馬のように掃除、洗濯、炊事で動き回っている自分は
大丈夫そうですね。

鞭打たれる毎日も、健康の秘訣だったようです。

NOを上げる入浴方法~3つのポイント

とはいえ、やはり簡単に、楽してNOの数値を上げられれば、
それにこしたことはありませんよね。

なんと、それを可能にするやり方があるんです。

その方法は、入浴時に、以下の3つのポイントを抑えることです。

NO分泌活性入浴法

1.お湯の温度を40℃~41℃にキープする(ゆるくなったら追い炊きで調整)
2.肩までしっかりと浸かる
3.入浴時間は約10分

お風呂でNO増加

お風呂の入り方で
NOが増加します

番組で実験したところによると、
この方法を1週間続けたインパルス板倉さんは、
異常値だったNO量が、正常に改善しました。

その上、お風呂を上がってすぐ体が冷えていたのに、
しばらく温かさを持続できるようになって、
冷え性まで良くなったそうです。

お風呂の入り方一つで、血流が見違えるように良くなったんですね。

ちなみにこの方法は、鄭忠和先生(日本心臓病学会理事長)が提唱する「和温療法」を改良したものです。

NOの量を増やすための食べ物

さて、運動とお風呂がNOを増やすことはわかりました。
それでは食べ物でNOを増やすことはできるでしょうか?

それには、赤肉、魚や大豆製品などアミノ酸を多く含む食品が
NOの体内での分泌を助けるのに効果的ようです。

そして、その働きを高める栄養成分には、L-アルギニンや、L-シトルリンがあります。
また、ビタミンCやビタミンEといったの抗酸化成分を摂ることもよいようです。

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る