市販の野菜ジュースを飲んでも栄養価は微々たるものだった?!

野菜

妻に、「水筒にグリーンスムージー入れて」と言われました。

テレビで、桐谷美鈴さんが水筒にグリーンスムージーを入れて、
出先で飲むダイエット法を実践していると言ったのを見たそうです。

グリーンスムージーは、便秘解消にもいいし、
美容と健康に役立つから、飲んでもらいたいのですが、
いざ、毎日作るとなると、結構面倒です。

最近の水不足で、野菜が高騰している状態では、なおさら。

なので、代わりに市販の野菜ジュースではどうなのかと思って、
栄養価を調べてみました。

酵素とビタミンと食物繊維は摂れるのか?

グリーンスムージーを飲むことで期待されるのは、
ビタミンと食物繊維。

果物と野菜をジュースにして丸ごと摂るんですから、
栄養たっぷりのはずですよね。

でも、調べてみると、
市販の野菜ジュースを飲んでも、
残念ながら、栄養価はあまり期待できないようです。

まず、ビタミンですが、
市販の野菜ジュースは、殺菌のため加熱処理されるので、
熱に弱いビタミン類は壊れてしまうんです

特にビタミンC。
活性酸素を壊すので抗酸化力に優れ、美肌にも有効なものですが、
特に熱に弱い性質があります。

ですので、市販の製品にはほとんど入っていません。
(人工的に添加すれば別ですが)

ちなみに、エンザイムとも言われる酵素も熱に弱いため、
ファスティングダイエットに市販の野菜ジュースを飲むのも、
あまりおすすめできません。

さて、それでは食物繊維はどうでしょうか。
食物繊維には、「不溶性」と「水溶性」の2種類がありますが、

市販の野菜ジュースは、飲みやすくするために、
製造過程で「不溶性食物繊維」を取り除いてしまいます

よって、「水溶性食物繊維」が多少入っている程度、
ということになります。

『1本で1日分の野菜を使用』のジュースで十分な野菜を摂れる?

特売でよく買ってるもの

スーパーで安売りしているときたまに買ってくる
『1本で1日分の野菜を使用』の野菜ジュース。

サラダを作る気力がない時に、役立ってくれるのですが、
先ほど見たように、栄養はどうやら不十分みたいです。

さらに、名古屋市消費生活センターの実施した成分分析によると、
『1本で1日分の野菜を使用』と謳っている野菜ジュースの多くは、
厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350gを
下回る量の栄養素しか含んでいないとのことです

なぜ、こんなことになるのかといえば、
野菜350gを「原料」として使っているだけだからだそうです。

加えて、先の理由で、栄養価も減っています。
このため、あくまで補助的に摂取するだけと考えるのがよさそうですね。

家庭での手作りにかなうものなし

このように考えると、
グリーンスムージーは、家庭で手作りするのが
望ましいという結論になります。

確かに、ミキサーに野菜と果物を入れて回すだけなので、
簡単と言えばそうなんですが、

やはり、毎朝続けるとなるとねぇ・・・

いえ、滅相もない。
喜んで作らせていただきます(^-^ ) !

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る