リバウンドしないダイエットの方法は?~運動しないと大事に

運動不足

前回は、リバウンドを繰り返すメカニズムに陥る理由として、
偏った食事による間違ったダイエット法についてお話ししました。

今回は、運動不足もリバウンドの原因になることと、
リバウンドしないダイエット法について述べてみます。

運動不足もリバウンドの大きな要因

リバウンドの大きな要因には、運動不足もあります。

確かに食事制限で体重は落ちますが、
その時減っているのは、脂肪よりも筋肉です。

30歳を越えてくると、筋肉量が落ちてきます。
私もアラフォーですが、太ももの筋肉が目に見えて減ってきています。

細身のパンツが履きやすくなったのはいいのですが、
最近、何でもない平地で躓きやすくなって、
筋力の衰えを感じるようになりました。

筋肉が減ると、基礎代謝の量が減ります。
基礎代謝とは、何もしなくても消費できるカロリーの量です。

心臓や内臓を動かしたり、体温を維持したりと、
日常生活でカロリーを使っていますが、
その多くを筋肉がになっています。

つまり、筋肉量が減ると消費カロリーが減って、太りやすい体質になるのです

さて、ここで食事制限で筋肉が減って太りやすくなった体に、
ダイエット前と同じカロリー量を摂取したらどうなると思いますか?

そうです。
カロリーを消費できないところにカロリーがどんどん入って来るですから、
体に脂肪がたまっていきます。

そして再びダイエットをして筋肉を減らして、
また従来通りのカロリーを摂っていったら…?

はい、リバウンドの繰り返しです。

こうして、リバウンドするたびに、痩せにくい体質になっていきます。

そうして、渡辺徹がたどったのと、同じ道を歩むことになるんですね。

そうならないためにも、
ダイエットには、運動を取り入れなければならない」と言われるんです。

運動して、筋肉量を増やすことで、
基礎代謝も増やし、痩せやすい体質を作ることが重要なんです。

運動しなくてもリバウンドしないダイエット法は?

さて、痩せるためには運動が必要だと言いましたが、

『そっだらことはわがってる!』
『体を動かさなくていいダイエット法はないの?』

と、言う声が聞こえてきます。

ダイエット情報の番組を見るたびに、妻と母が言う言葉です。

自分としては、付いた脂肪を何とかするより、
つけないようにする努力が必要だと思うのですが・・・。

1ヶ月何キロのダイエットならリバウンドしないか?

とはいっても、やはり体を動かす習慣のない人にとって、
運動を始めるのはハードルが高いです。

私自身も、運動するくらいなら、
妻に土下座してでも家事をやらせてもらった方がいいと思うくらい、
運動嫌いです。

だから最近、筋力の衰えを痛感するようになってしまっているのですが・・・

ということで、
1/9の“たけしのみんなの家庭の医学”によると、
1ヶ月に1kgのダイエットなら、リバウンドしないと言ってました。

このくらい少しづつ落としていけば、
筋肉がしぼんでいくこともないからでしょう。

そのためには、
一日に約220kcal減らす必要があります。

ご飯茶わん1杯が、約250kcalですから、
毎食のご飯を7分目にすればいいことになりますね。

ただ、アブラ物を多く食べる方は、そちらを減らしてもOKです。
アブラ物の方がカロリーが高いですから。

ちなみに、糖尿病予備軍の人の体重を5%減らすと、
10人中6人が糖尿病を発症しなかったという調査結果があります。

体重60kgなら、3kgです。
3ヶ月かけて減らせば、かなり体が軽くなる感じがするそうです。

変形性膝関節症の母親には、減量が何よりの痛み止めになりますから、
今日からでも、ご飯の量を減らしたいと思います。

※母親のご飯の量を減らしたところ、
『腹減った』と、先ほど菓子パンを食べてました。

う~ん・・・

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る