夜更かしをすると太る理由はホルモンだった!

ホルモン

早寝早起きをモットーとしながら、
母親と妻が夜食を所望するため、作るのに夜更かしをせざるを得ない光太郎です。

寝る前に物を食べると太りやすいというのは有名な話です。
そして、さらに寝不足も太りやすくなることが分かりました。

寝不足になると太りやすくなるホルモンが分泌される

夜遅くに飲み食いすると太るのには、
BMAL1」というタンパク質が関係しています。

これは、食べた物を脂肪に変換して、体内にため込む働きをするものです。

つまり、BMAL1が少ない時間帯に食べれば、太りにくいということになります。
そのゴールデンタイムは、午後2時~3時頃の間です。
昔から伝わる、3時のおやつの習慣は根拠があったんですね。

また、BMAL1が最大に増えるのは、夜10時~深夜2時ごろ。
この時間に夜食を食べると、とっても太りやすくなりますよ。

さらに、寝不足になると肥満を増長するホルモンまで分泌されます。

そのホルモンは、「グレリン」といい、
食欲を増進させてしまう作用があります。

これが多量に分泌されることによって、
いくら食べても満腹感が得られなくなり、
ついつい食べ過ぎてしまうことになります。

夜中、夜食をいくら食べてもお腹いっぱいにならない気がするのは、
この「グレリン」のせいだったんです。

こうなると、ついダラダラと食べ続けてしまって、カロリーオーバーになり、
さらに増えているBMAL1で脂肪に変換され、蓄積されるために、
結果、肥満に向かって一直線になります。

夜型のライフスタイルは、メタボの大敵です。
夜10時~深夜2時は、成長ホルモンが分泌される時間なので、
この時間に睡眠をとる習慣をつけた方が美肌にもつながります。

自分は寝る2時間前にはものを食べないようにしていますが、
たまに、どうしてもお腹がすいて何か食べたくなる時があります。

あまりに空腹だと、眠れなくなってしまうので、

そんなときは、カロリーゼロの海藻類や、キノコ類と野菜をレンジにかけて、
温野菜サラダを作って食べています。

もちろん市販のドレッシングはかけずに、
オリーブオイルと、胡椒、レモン汁だけにしています。

オリーブオイルの量に気をつければ、
余分なカロリーを取らずに空腹を満たせますのでおすすめですよ。

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る