1日にビールロング缶2本まではダイエット中でもOKだった!

ビール

「お酒はカロリーが高いから、ダイエット中は控える」
と言う人が多いですね。

でも、実はダイエット中でも1日にビールロング缶2本ぐらいなら飲んでも大丈夫だったんです。

ビールのカロリーは意外に低い?!

我が家では、あまりお酒を飲みません。

別に下戸というわけではなく、
皆、酒好きなのですが、各々異なる理由で飲まないのです。

自分と父親は、収入が少ないことから、
つつましく生活しなければならないとの思いで控えています。

妻と母親は、「アルコールより甘いもの」ということで
お酒よりスイーツを買ってきます。

『なんでお酒飲まないのに太るかねぇ?』
と母親はこぼしますが、

ビールとスイーツのカロリーを比べれば、その理由は一目瞭然です。

ビール:500mlで約200kcal
ショートケーキ:100g当り約344kcal(食品成分表)

ケーキを一つ食べることは、
ビールロング缶1本以上を飲むカロリー量だったんです。

これでは、お酒を飲むより太るのは当たり前。

ちなみに、
ご飯茶わん一杯は、140gで約235kcalです。

ということは、
毎日ご飯一杯分のカロリー摂取を控えれば、
500mlのビールを飲んでもダイエットには影響しないということになります(嬉)。

もちろん、飲み過ぎは肝臓に悪いので、
週に2日は休肝日を設けましょう。

でないと、すぐ脂肪肝になりますよ。

ビールを飲むときにおすすめのおつまみ

よく知られたことですが、
晩酌をして太るというのは、
一緒に食べるおつまみのカロリーが高いからです。

ですから、なるべく低カロリーのもので
栄養価が高いものを食べるようにした方がいいです。

おすすめの食べ合わせをご紹介します。

冷奴+キムチ

豆腐のたんぱく質と唐辛子のカプサイシンが代謝を上げてくれます。
女性には大豆イソフラボンが女性ホルモンの補給になって、
お肌の潤いとつやを上げてくれます。

チーズ+スルメ

チーズは低脂肪・高タンパクな上、分解されやすいため胃腸に優しいです。
スルメは歯ごたえがあるので食べ過ぎの防止につながります。

アボカド+パセリ

アボカドはカリウムを多く含んんでいるので利尿作用が高いです。
塩分や老廃物を排出してくれますから、高血圧やむくみ対策にもなります。
パセリはビタミンCが豊富なので、お肌のキメを整えてくれますし、
免疫力も上げてくれます。

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る