生活習慣病はドロドロ血を悪化させて死にいたらしめる

生活習慣病

日本人の3大死亡原因と言われる、
悪性新生物(がん)、心疾患、脳血管疾患」ですが、
これらを引き起こすのが、主に生活習慣病です。

実に、6割~7割の方が生活習慣病からの病で亡くなると言われています。

生活習慣病は、ドロドロ血液と深くかかわっていますから、
その件についてお話ししようと思います。

生活習慣病→動脈硬化→死亡リスク大

生活習慣病とは、不規則な生活習慣によって発症する病気の総称です。
その中には、糖尿病、高血圧、腎不全、肝機能障害、肥満(メタボリックシンドローム)などが含まれます。

豊かになった日本の国民病とも言えますね。

でも、つつましく、質素に生活しているはずの我が家で、
母親が肥満に悩んでいるのはどうしてだか分りません。

病院で体重を測ると、いつも
「やせずぎです。もっと太ってください」
と注意される父親と自分には理解できません。

さて、生活習慣が乱れてくると、
血液の中に、通常は出てこないものがあふれ出てくるようになります。

糖分や、たんぱく、悪玉コレステロール、中性脂肪などです。
これらが増えてくると、血液の成分に悪影響を与えて、
ドロドロになってきます。

その結果、体中の血管がダメージを受けて動脈硬化が進行していくのです。

動脈硬化が進むことで、先ほどもお話しした、
日本人の3大死亡原因の2つ、「心疾患と脳血管疾患」のリスクが高まります。

生活習慣病が日本人の命を危険に陥れていく流れがお分かりになりましたか?

なにはなくとも、生活習慣の改善を

生活習慣病と、ドロドロ血を予防するためには、
何と言っても、生活習慣の改善が第一です。

  • 野菜を食べていない
  • 肉ばかり食べている
  • 喫煙をしている
  • お酒を毎晩のように大量に飲む
  • 運動不足
  • ストレスが溜まっている

という人は早めに生活習慣を見直してください。
自覚症状が現れてからでは遅いです。

職場の検診や、自治体の検診を受けた結果もよく見ましょう。
異常値が出ていたら、要注意です。

それは、普段の生活に異常な部分があることを意味していますからね。

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る