「動脈硬化が進行する原因は運動不足」~わかっちゃいるけど・・・

ウォーキング

血をきれいにするためには、食事の改善と同時に、
運動も取り入れなければなりません。

ただ、頭ではわかっていても、
なかなか続かないのが、悩みの種なんですよねぇ・・・

血をサラサラにするためには、スキマ時間の有酸素運動を

よくテレビの健康番組で有酸素運動で、

「血圧が下がった」
「血糖値が下がった」
「コレステロールが下がった。やったぁ!」

などの体験談をよく聞きます。

酸素を取り入れる運動することで、最初は筋肉内の糖分が消費され、
次に血液中のブドウ糖が使われ、
20~25分続けた後に脂肪がエネルギーとして使われ始めます。

ですから、1回に30分以上を目安として行うのが、
健康を維持する理想です。
そして、それを週3回以上。

でも、現代人は忙しいです。
なかなかまとめて運動する時間が取れないかもしれません。

そんなときは、
1回10分でもいいので、空いた時間に運動をするようにしましょう
これを一日に何回か繰り返すことでも効果が見込めます。

どうでしょう?
これなら、何とか続けられる気がしてきませんか?

と言いたいところですが、
普段、運動する習慣のない方には、それすら難しいでしょう。

ことあるごとに、
やろうやろうと思いながら3日と続かない
自分が言うのですから間違いありません。

でも、無理なものはがんばってもつらいだけです。
動脈硬化を引き起こす原因にはストレスもあるんですよ。

無理してやろうとして、それがストレスになって逆効果になっては、
元も子もありません。
自分は、食事の改善に全精力を注ごうと思います。

ただ、これを口にすると、妻と母は、
「あなたも、たまにはまともなこと言うのね」
「そんなことより、ケーキが特売だから買ってきて」

などと、悪びれる様子もなく言ってきます。

これでは、不健康になるばかりですから、少しでも体を動かしてほしいと思います。

そこで、やむを得ず、自分が運動している姿を見せて、
運動への抵抗感を減らそうと画策しています。

おすすめの有酸素運動は、実は運動ではなかった?!

有酸素運動の代表はウォーキングですが、
それ以外にも、軽いジョギング、サイクリング、水泳、水中歩行などがあります。

“ためしてガッテン”で放送していた「スロージョギング」や「スローステップ運動」もいいですね。

特に母親は、変形性膝関節症で歩くと痛みが出るので、
水中歩行がよさそうです。

まあ、とにかく、
適度な運動はストレス解消にもなって、
肉体面でも精神面でもいい影響が期待できます。

たけしの“みんなの家庭の医学”で放送してましたが、
毎日の家事を頑張って行うだけでも、結構な運動量になるそうです。

その量は、何と軽いジョギングをするのと同じくらいなのだとか。
それを知れば、母親と妻も、多少家事をする気になるかな?

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る