血液がドロドロになることで起きる病気の種類

ドロドロ

前回は、ドロドロ血によって命の危険性がある病気を発症することを書きました。
でも、そればかりではありません。

ドロドロ血は、他にもいろいろな病気の原因になるんです

それらについて詳しく見ていきましょう。

ドロドロ血が生活習慣病の原因に

乱れた生活習慣を続けていると、
本来、サラサラと流れる清流のようだった血が
次第にドロドロになっていき、
現代の国民病とも言える、生活習慣病を引き起こします

誰もが聞いたことがあるであろう、
高血圧や糖尿病、脂質異常症などです。

そして、これらの状態が続くことで、狭心症や腎不全といった、
大きな病に発展します。

ねずみ

つまみ食いする父を
母は“鼠”と呼んでました

こうなるはじめの一歩は、やはり、食生活と運動不足です。
父親も定年で家にいるようになってからというもの、活動量がめっきり減りました。

加えて、家にいると暇らしく、何かしら食べていたので、
目に見えてカロリーオーバーになっていたんです。

なるべくしてなった動脈硬化といえます。

病院で検査されたときは、かなり血がドロドロしていました。

様々な症状に派生するのが怖い

生活習慣病は、はじめの頃は自覚症状があまりないのですが、
悪化したとき、一気に襲ってきます。

付き合い始めた頃はやさしかったのに、
結婚してからは、口も手も出るようになった妻のようです。

脂質異常症は、病気のデパートといえるもので、
放置しておくと動脈硬化を進行させます。

その結果、狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病に脳出血や脳梗塞などの脳卒中、
さらに高血圧を悪化させたり、腎臓病などの原因にもなります。

糖尿病は、病気の総合商社といえるもので、
手足のしびれ、失明や腎不全のほか、動脈硬化の危険因子になったり、
自律神経障害の症状も現れます。

そして、高血圧はこれらのリスクをさらに高めてしまいます。

アルコールやカロリー過剰が続いて肝臓に脂肪がたまると、
脂肪肝から肝炎になり、肝臓がんに進行します。

風邪は万病の元と言いますが、
生活習慣病は大病の元と言えますね。

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る