血液がサラサラになる食べ物~魚・緑黄色野菜・海藻

野菜

前回は、ドロドロ血をサラサラにする栄養成分をご紹介しました。
でも、成分だけでは実際何を食べればいいのかわかりませんよね?

そこで今回は、血液をサラサラにする食べ物をご紹介しましょう。

我が家の食卓に多く上っている食材たちです。

「草食系ね」と言われた献立

父親が下肢閉塞性動脈硬化と診断されるまでは、
我が家の食事は食べたい物を好きなだけ食べるような状況でした。

内容的には、野菜や魚も多かったのですが、
肉類と炭水化物が最も多く、

個人的に、「アメリカンとジャパニーズの中間な食卓」だと思ってました。

だから、動脈硬化や肥満や便秘になったりしたのでしょうが・・・。

そんな中、父親の動脈硬化発症や、
自分がリストラされて主夫をするようになったのをきっかけに、
食生活の見直しを図りました。

その結果、肉類を極力減らし、野菜中心の献立にしたところ、

「こんなのばかり食べてるから、草食系って言われるのよ」
と、母親に言われました。

魚・野菜・海藻

血をドロドロにする食べ物と言えば、
肉類、甘いものです。

逆にサラサラに戻す食べ物は、
魚・緑黄色野菜・海藻が代表です。

青魚

イワシやアジ、サバ、サンマなどです。
こういった青魚には、DHAやEPAが豊富に含まれています。
これらは、血液サラサラ効果がとても高いので、たくさん食べたいですね。

肉中心の食事をしている人は、
肉の代わりに青魚を食べるようにすれば、
血液の質を改善することが可能です。

緑黄色野菜

血がドロドロしてくる大きな原因の一つが、野菜不足です。

食物繊維が不足すると、糖分やコレステロールの吸収が速まって、
血糖値が急激に上がり、血管にダメージを与えます。

ポリフェノールをはじめとした抗酸化物質が足りなくなると、
活性酸素が血管を攻撃して、傷だらけになることから、血栓ができやすくなります。

また、野菜が不足している人は、
必然的にカロリーオーバー気味になるため、
肥満になりやすく、生活習慣病が進行します。

ビタミン・ミネラルも取れないので、身体の調子が悪くなります。

ほら、いいことは一つもないでしょう?

毎回の食事にサラダを追加するだけでも全然違いますよ。
しばらく続けてると、疲れを感じにくくなったり、肌荒れが収まったりします

妻がそうだったんですが、これは内緒です。
毎日観察してたなんてことがばれたら、ひどい目に遭います(泣)。
それはもう・・・。

海藻

海藻も日本人が古来から食べてきた健康食材です。
世界中の民族で、海藻を吸収できる遺伝子を持っているのは
日本人だけだという研究を読んだことがあります。

ミネラルが豊富で、
ヨードと呼ばれる成分が含まれています。
これが新陳代謝を促進させたり、コレステロール値を下げてくれます。

さらに、カロリーゼロなのがうれしいです。
我が家では、夜、お腹がすいた時、
夜食代わりに海藻サラダを食べさせます。

市販のドレッシングをかけてしまうと、
塩分とカロリーを摂りすぎてしまうので、
オリーブオイルと塩、こしょうをベースに作った自家製ドレッシングを常備しています。

海藻は酢のもので食べることが多いと思いますが、
現代っ子の自分たちは、あまり好きではなかったりするので、
味噌汁にたっぷり入れて食べてます。

この他にも、
緑茶やウーロン茶、納豆、酢なども
血液をサラサラにする大事な食べ物です。

こういう食品をうまく食生活に取り入れてください。
血がきれいになって、体調がよくなりますよ。

関連記事

コメントは利用できません。

私が書いてます

管理人の光太郎です

当ブログ管理人の光太郎です。
健康な毎日を過ごすための豆知識を書いていこうと思います。

健康になる食材大辞典

ページ上部へ戻る